英語が話せなくても求人サイトから海外就職することは可能?

tjyd海外でのキャリアを積みたい、という方の中にも「英語力はそこまで自信がない」という方はいらっしゃると思います。中には「全くと言っていいほど話せない」という方も。しかし、便利な時代になったもので、そういった方も海外の求人をサイトで探すことができるようになっています。

必要な英語力が示されているサイトが多い

「海外」「求人」と検索をかけると、海外の会社や日本企業の海外法人の求人に出会うことができます。サイトによっては、必要とされる英語スキルを提示してくれていますので、参考にされるとよいでしょう。TOEICスコアを指標とされるところが多いのですが、800点を超えるようなビジネス会話が必要とされない法人も多く見られますので、やる気がある方にとっては飛び込んでみる価値のある求人かもしれません。
とはいえ、日常会話レベルは必要とされることが多いです。できた方が無難と言うべきでしょうか。申し込み自体はできても、採用する企業側からすれば、同じ条件で「ビジネス英語が話せる」人と「全く英会話ができない」人で、どちらが欲しいか、と考えていただければ、自ずと答えはでると思います。
また企業によっては、「求人情報を英語で書く」という方法でフィルターをかけているところもあります。もし、英語に自信がないのであれば、無理にそのサイトを訳してまで応募する必要はないと思います。サイトを難なく読める人ばかりが応募してきているはずなので、応募者の玉石が混交されず、時間のムダになる可能性が高いです。

海外転勤前に日本での実習が必要になるところも

さて、企業を選ぶにあたってですが、「日本での実務経験・実習」を経ての海外転勤になるところもあることを覚えておいてください。海外の工場の勤務で、現地のマネージャー候補として雇われる形態に多い方法ですね。まずは、日本工場で工程管理ができて、基礎的な知識を持っているという、最低限のスキルを育成することが必要とされるためでしょう。
日本での実務を経て、海外に勤務となるわけですが、この求人体系は比較的「英語力」が必要とされない傾向にあります。推察するに、日本語を使いこなす現地スタッフがいるからでしょう。それは裏を返せば「英語を話せる」ということよりも、「マネージャーとしてのスキルが高い」ということを求められているからと言えます。ある意味でいえば、英語を話さなければ行けないこと以上に高いハードルかもしれませんね。

最終的には英語力は必要になる

tsrhts
最悪、英語で日常会話ができないレベルでも、海外での就職自体は可能です。ただし、上述のように業界の専門知識と、それを外国人の労働者に丁寧に説明できる指導力は欠かせません。もちろん、その国の教育レベルや文化によっては、日本人と同様の教え方をするわけにもいきませんので、教え方を工夫する柔軟さも必要とされます。
また、英語に関しても、自分の仕事を高みに押し上げていくために最終的には必須になると思っておいてください。やはり、誰かを介してコミュニケーションを取ったり、ニュアンスで伝えるよりも、個人と個人の言葉でコミュニケーションを取れるのが、誤解や時間のロスをなくす一番の近道です。
とはいえ、海外に行ってまでその仕事を志した方のことです。仕事や日常生活で、英語に触れるにつれ、自然と身に付いていくと思いますので、どん欲な姿勢を忘れないながらも、あまり焦らずにスキルアップを目指していくとよいでしょう。

新着情報

◆2016/09/30
英語が話せなくても求人サイトから海外就職することは可能?の情報を更新しました。
◆2016/09/30
基本情報を新規投稿しました。
◆2016/09/30
まずは日本で勤務するの情報を更新しました。
◆2016/09/30
サイトマップの情報を更新しました。